食べないダイエットはだめ!?

生活

食べずに痩せるダイエットのデメリット

痩せるためにはまず食事に気をつけたい!
と考える人が多いとおもいます。

世の中にはさまざまな痩せる方法がありますが、
その中でも「食べずに痩せること」は注意が必要です!!

断食(ファスティング)、過度な食事制限、
置き換えダイエットは、目に見えて
体が細くなったり体重が減ったりするので
達成感を得られやすい反面、
代償も大きいです( > < )。

デメリット1 基礎代謝がダウン

自分の消費カロリーより摂取カロリーが低ければ次第に痩せていくでしょう。
しかし、カロリー制限を意識しすぎて「消費カロリー以上に食べないこと」をしてしまっては本末転倒・・・。

なぜなら、食べないことで基礎代謝まで低下してしまうからです。

基礎代謝がエンジンだとしたら、摂取カロリーは燃料の役割をしています。
燃料がなければエンジンが動かないので、次第にエンジンの働きまで小さくなり
だんだん脂肪が燃えにくい体、エネルギー消費が少ない体になってしまうわけです。

人間の身体は食べることでエンジンを活発にさせている!

デメリット2 身体の潤いやハリが減る

必要な栄養が足りていないと、健康的な体をキープするための筋肉や肌のふっくらした弾力、ハリが損なわれる可能性があります。

固形物を食べず、酵素ドリンクやスープ、もしくは水しか飲まないなど、
食べずに痩せることで真っ先におちるのは脂肪ではなく筋肉、肌弾力、水分です。

栄養が体に入てこない日が続くほど、”お老け状態”が加速してしまいます。

もし、置き換えダイエットをしている方は摂取するものの原材料を必ずチェクしてみてください。
酵素ドリンクたスープなどに一日に必要な栄養素は入っていますか?
低カロリーなのは良いけれど、それに伴って栄養もなく、
一時的な空腹感を満たすためだけのものだとしたら栄養不足になって、健康が維持できなくなってしまいます。

デメリット3 栄養吸収が乱れる

栄養が摂れない状態が続くことを体が想定して、栄養吸収に乱れが起きるお可能性があります。

身体はいつ栄養が摂れるのかわからない「ウエイト体制(待つ)」になると、
エネルギーを消費するのではなく溜め込もうとします。
または食事が少ない反動で、1回の食事からいっきに栄養吸収しようと計画することも、、

身体が不安にならないように決まった時間に食事をしてこまめに栄養を摂ること。
これが栄養吸収を安定させる秘訣です。

最後に・・・

体の安心は、食生活の安定!!

食べないと痩せる、と思い込んでいると
思わぬ代償がやってくるかもしれません。
ぜひ、たくさん食べて栄養を体に取り込んでくださいね☆

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


店鋪情報

江坂店

ハイフ専門 chouette江坂店 店鋪情報

»詳細

シュエット川西店

ハイフ専門 chouetteアイナ川西店 店鋪情報

»詳細

高槻店

ハイフ専門 chouette高槻店 店鋪情報

»詳細